【初心者向け】NFTの始め方を完全ガイド!事前準備・出品・購入するまでの流れ

【初心者向け】NFTの始め方を完全ガイド!事前準備・出品・購入するまでの流れ

「NFTの始め方は?」「NFTを始める際に必要な準備や出品・購入方法は?」など疑問に思っていませんか?

結論、NFTは以下の5つの工程を踏むことで、すぐにでも始められます。

  1. 仮想通貨取引所への登録・口座開設
  2. NFTの出品・購入に必要な暗号資産を購入
  3. 仮想通貨ウォレットに登録
  4. 仮想通貨ウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送金する
  5. NFTマーケットプレイスに登録

上記の流れで事前準備を進めていけば、NFTの購入・出品ができる状態になります。

ただし、NFTを出品したり購入したりしてお金を稼ぐためには、いくつかのポイントを押さえておく必要があるので注意しなくてはいけません。

そこで本記事では、仮想通貨ライター(実績5年)としてNFTの購入・販売をしてきた私が、NFTの始め方や必要な準備について解説していきます。

NFTの出品方法や購入方法、初心者がNFTで稼ぐためのコツなどもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

そもそもNFTとは?

そもそもNFTとは?

NFTは、「ノンファンジブル・トークン(Non-Fungible Token)」の略称で、非代替性トークンとも呼ばれています。

「ファンジブル」が代替可能という意味なのに対し、「ノンファンジブル」は代替不可能という意味合いですね。

「トークン」には代用貨幣や引換券などの意味合いもありますが、NFTをわかりやすく伝えると『世界にひとつだけのデジタル資産』と意訳できます。

NFTの特徴や仕組み

NFTには、代替不可能なデジタルデータをブロックチェーン上で発行できるという特徴があります。

ブロックチェーンとは「分散型台帳技術」という意味合いで、分散型のネットワーク上に取引の流れをすべて記録するものです。

例えば、ブロックチェーンの仕組みを活かしてネット上でデータの取引をした場合、複数のコンピュータネットワークすべてに取引の記録が保存されます。

NFTをわかりやすく図解

取引におけるすべての記録はネット上に残り、データには固有のIDや情報を持たせられるので、『改ざん』『コピー』などの不正はできません。

そのおかげで、唯一無二の固有データがネット上に記録されるようになり、NFTという『代替不可能な世界にひとつだけのデジタル資産』の売買が可能となったのです。

NFTのメリット・強み

NFTには、「改ざんされない」「データをコピーされない」などの強みがありますが、他にも以下のメリットがあります。

  • 誰でもNFTを作れる
  • コレクションとしてデジタルデータを保有できる
  • 2次流通されたNFTの売上は作成者に一部還元される

まず、アート・写真・映像・音楽・文章といったアナログデータもNFTとして取り扱いできるので、誰でも作成できます。

そもそもNFTとは?

さらに、NFT作品は『代替不可能な世界にひとつだけのデジタル資産』でもあるので、コレクションとして好きなアーティストの作品を集めて第三者に見せる人も少なくありません。

そして、2次流通されたNFTの売上は作成者に一部還元されるので、作成したNFTがさまざまな人から買われるほど作成者の売上は上がります。

そのため、NFTはアーティストやクリエイターなど作品を日々作り続ける人や、コレクターとしてアートを集める人から注目されているサービスと言えるんですね。

NFTで収入を得る方法

NFTで収入を得る方法

次に、NFTを始めるにあたってどのようにして収益を得ていくのか、具体的な方法について解説していきます。

NFTで収入を得たいとなった場合、以下の方法でお金を得ていくことが可能です。

上記の方法を駆使すれば、実際に稼ぐことは可能です。

それでは、それぞれ詳しい方法を見ていきましょう。

NFTマーケットプレイスで販売する

NFTをマーケットプレイスで販売する流れ

NFTで収入を得ていく方法の1つとして、専用のマーケットプレイスに登録をして、NFTを販売するという方法があります。

マーケットプレイスとは、いわば『NFTの売買が行われている市場(マーケット)』です。

国内と世界を合わせても80種類以上もあり、それぞれ販売できるNFTのジャンルも決められています。

特徴がそれぞれ異なるので、自分が手がけるNFTに合わせてNFTマーケットプレイスを選んでいくことが大切です。

大手のNFTマーケットプレイスにはロイヤリティ機能が搭載されており、1度売れたNFTがまた別の人に購入された場合に、1〜10%程度のロイヤリティがクリエイターに支払われる仕組みとなっています。

NFTを安く購入して転売する

次に、NFTを安く購入し、転売をしてお金を得るという方法についてです。

「安く買って高く売る」というシンプルなビジネスではありますが、NFTの将来性を考えると収益化は十分可能と言えます。

例えば、将来的に見込みがありそうなアーティストが出すアートや音楽を先に購入したとしましょう。

そして、アーティストの知名度が上がってきた際に売却をするのです。

NFTにて転売を始める流れ

人気のあるアーティストが過去に作った作品は、価値あるものとして高値で売られることも少なくないので、売却した際に利益を上げられます。

ただし、作品の将来性を見出すのが難しかったり、買ったNFTの価値が下がるというデメリットもあるので注意しましょう。

関連記事:【NFT転売のやり方を徹底解説】利益を出すコツ・禁止事項もまとめて紹介

NFT関連の仮想通貨(暗号資産)に投資する

NFT関連の仮想通貨に投資をして、収益をあげる方法もあります。

NFT関連の銘柄は数も少なくなるため、仮想通貨に投資をしたことがない人でも絞って投資をしていくことが可能です。

ちなみにNFT関連銘柄で有名なものを紹介すると、以下の通り。

  • SAND(サンドボックス)
  • Enjin Coin(エンジンコイン)
  • Tezos(テゾス)
  • MANA(マナ)
  • FLOW(フロー)

NFT関連の銘柄は、NFTの盛り上がりによって価格が変動します。

そのため、価格が安いうちに関連銘柄を購入をしておくことで、将来的に高値で売却できて売上を上げることにつながるのです。

ただし、価格が暴落するリスクなどもあるので、将来性がある銘柄かどうかを見極めてから投資をするようにしましょう。

NFTの始め方【準備編】

NFTの始め方【準備編】

NFTを始めるためには、以下の事前準備を済ませておかなくてはいけません。

詳しく見ていきましょう。

仮想通貨取引所への登録・口座開設

仮想通貨取引所への登録・口座開設

まずは、仮想通貨取引所への登録をし、口座の開設をしていきましょう。

仮想通貨取引所とは、いわばNFTの売買に必要な仮想通貨を購入する取引所を意味します。

日本円を仮想通貨に変えなくてはいけないので、かならず登録を済ませておきましょう。

ちなみに、おすすめの仮想通貨取引所を紹介すると、以下の通りです。

<表は横にスクロールできます>

仮想通貨取引所名特徴おすすめな人公式サイト
コインチェック
コインチェック
  • 取引手数料が無料
  • 最低取引単位(ETH)が500円相当と気軽に購入できる
  • 独自のNFTマーケットプレイスを設けている
  • 取引手数料を無料にしたい人
  • さまざまな仮想通貨を購入したい人
  • 口座開設後、すぐにNFT(ゲームアイテムやカード)の売買をしたい人
公式サイト
DMM BitcoinDMM Bitcoin
  • 取引・入出金・送金手数料など、各種手数料が無料
  • 最大2倍のレバレッジ取引が可能
  • 『2,000円キャッシュバックキャンペーン』が開催中
  • 取引・入出金・送金手数料など、各種手数料を無料にしたい人
  • イーサリアム(ETH)を含むアルトコインでレバレッジ取引をしたい人
  • キャッシュバックキャンペーンを活用したい人
公式サイト
GMOコイン
GMOコイン
  • 入出金・送金・取引手数料が無料
  • 口座開設が最短10分で可能
  • 親会社が東証一部上場企業「GMOインターネットグループ」
  • すぐにでも取引を始めたい人
  • 取引・入出金・送金手数料など、各種手数料を無料にしたい人
公式サイト
bitbank
bitbank
  • 仮想通貨取引量、国内No.1
  • 日本円の入金はリアルタイムで24時間対応
  • 100種類以上のテクニカル分析ツールが利用
  • セキュリティ面がしっかりしている取引所を利用したい人
  • 分析ツールを活用しながら、仮想通貨で投資もしたい人
公式サイト
bitFlyer
bitFlyer(ビットフライヤー)
  • 1円(0.00000001 ETH)からの購入が可能
  • 『ビットコインをもらう』機能を使えば、ビットコインが無料でもらえる
  • メガバンクと提携し、国内トップクラスの知名度と信頼性を誇る
  • 仮想通貨・NFT初心者で初めて口座を開設する人
  • 銀行振込の入金手数料を無料にしたい人
  • メガバンクの金融機関でお金を管理している人
公式サイト

関連記事:【NFT特化】仮想通貨取引所おすすめ5選【初心者向けの日本国内取引所とは?】

RaRuku
どれがいいかわからない場合は、初心者でも利用しやすいコインチェックを選んでおけば問題ありません。

『コインチェック』は取引手数料が無料なだけでなく、最低取引単位(ETH)が500円相当となっているので、気軽に通貨を購入することが可能です。

10分程度で”無料”口座開設ができるので、忘れないうちに登録を済ませておきましょう。

公式サイト『コインチェック』にて
”無料”口座開設を行う

NFTの出品・購入に必要な暗号資産を購入

NFTの出品・購入に必要な暗号資産を購入

次に、NFTの出品や購入に必要な暗号資産(仮想通貨)を購入する必要があります。

まずは、NFT関連の売買で最も利用される『イーサリアム(ETH)』を購入しましょう。

コインチェック購入画面

イーサリアムには、契約に付随する取引の記録や履歴をすべて残せるという特徴があります。

NFTの売買において必須の通貨なので、まずは「ETH」と書かれた通貨を選択し、各仮想通貨取引所にて購入を進めていきましょう。

RaRuku
ちなみに、私は登録した後に20,000円ほど入金してみました。

コインチェックの入金情報

NFTを購入・出品する際には、手数料がかかります。

そのため、まずは10,000円ぐらいを入金してからイーサリアムを購入しておくと、売買がスムーズですよ。

仮想通貨ウォレットに登録をする

仮想通貨ウォレットに登録をする

次に、仮想通貨を保管するためのウォレットに登録を済ませていきましょう。

NFTマーケットプレイスで商品の売買をしていくためには、資金を管理・保管するためのウォレットが必要不可欠です。

財布がないとお買い物ができないように、ウォレットを用意しておかなくては取引自体ができないので、かならず登録を済ませておきましょう。

ちなみに、最も代表的なウォレットとしてMetaMaskがあります。

MetaMask出典:MetaMask

MetaMaskはNFT関連の通貨を保管するのに適したウォレットで、ほとんどのマーケットで取り扱い可能です。

パソコンとスマホを連動させながらの利用もでき、初心者にも利用しやすいのが特徴的です。

そのため、事前にMetaMaskの登録をしておき、仮想通貨が送金できる状態にしておきましょう。

RaRuku
メタマスクの登録方法については、以下の記事にてスマホ・パソコン別で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

仮想通貨ウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送金する

仮想通貨ウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送金する

次に、仮想通貨ウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送金しておきましょう。

送金しておくことで、いつでもNFTを購入できる状態になります。

ちなみに暗号資産の送金は、仮想通貨取引所にて行うのが一般的です。

送金する先の宛先(アドレス)を記載し、先述したMetaMask(メタマスク)に送金をすれば、NFTの販売・購入ができるようになります。

RaRuku
コインチェックからMetaMask(メタマスク)に仮想通貨送金する場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:【簡単】コインチェックからメタマスクに仮想通貨を送金する方法を画像付きで解説

NFTマーケットプレイスに登録

NFTマーケットプレイスに登録

最後に、NFTマーケットプレイスに登録(会員登録とウォレットの登録)をしていきましょう。

NFTマーケットプレイスとは、いわば『NFT関連の商品を販売している場所(お店)』です。

会員登録とウォレットの登録を済ませておかなくてはNFTの出品・購入ができないので、必ず済ませておく必要があります

ちなみに、日本と海外のおすすめNFTマーケットプレイスを紹介すると、以下の通り。

【日本にあるNFTマーケットプレイス】

【海外にあるNFTマーケットプレイス】

関連記事:【35社比較】日本・海外のNFTマーケットプレイスおすすめ8選!一覧表付き

RaRuku
最も定番なのは、世界中のユーザーが利用している『OpenSea』ですね。

もし迷った際には、OpenSeaを選ぶようにしましょう。

次の章からは、NFTで出品する方法や購入する方法を順番に解説していきます。

NFTの始め方【販売編】

NFTの始め方【出品編】

この章では、NFTで販売をする方法について解説していきます。

以下の順番で手続きを済ませていくことで販売をスタートできます。

【NFTの販売方法】

  1. NFTの販売ができるサイト(NFTマーケットプレイス)への登録
  2. 出品者情報の入力
  3. 出品するNFTアートをアップロードする
  4. 販売方式と価格の設定
  5. ガス代(ネットワーク手数料)の支払い
  6. 購入オファーが来たら承認をする

上記の流れで手続きを進めていくことで、NFTの販売が可能です。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

NFTの始め方【購入編】

NFTの始め方【購入編】

次に、NFT作品を購入する方法について解説していきます。

仮想通貨ウォレットに暗号資産が送金されている状態なのであれば、以下の手順を踏むだけで購入可能です。

  1. 希望するNFTマーケットプレイスのサイトへと進む
  2. 検索フォームにて、欲しい作品の条件を入力していく
  3. 欲しいNFT作品を探して購入する

仮想通貨ウォレットにNFTの売買に必要な通貨(イーサリアムなど)が保管されているのであれば、すぐに購入できます。

また、SNSで検索をすればNFTの商品を宣伝しているクリエイターもいるので、フォローをしておきいつでも購入できるしておくのも良いでしょう。

人気のクリエイターのNFTはすぐに完売する傾向にあるので、常にチェックしておくことが大切ですね。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

NFT初心者でも実践可能!収入を得るための7つのコツ

NFT初心者でも実践可能!収入を得るための7つのコツ

続いて、NFTを初めて実践するにあたって、初心者にお伝えしたい収入を得るためのコツを紹介させていただきます。

まとめると以下の通りです。

それでは、それぞれ詳しく見ていきましょう。

イーサリアム(ETH)で出品する

NFTを出品する際には、イーサリアム(ETH)にて出品するようにしましょう。

なぜなら、イーサリアムはビットコインと同じく市場規模が大きく、流動性もあるからです。

NFTを出品する場合、イーサリアム以外の通貨での出品も可能ですが、2次流通以降を意識している人も多いので購入されない可能性が高くなります。

イーサリアム以外の通貨は、NFTとしては安っぽく見えてしまう可能性も否定できないので、出品する際には注意しましょう。

作品に希少性を持たせる

NFTは先述したように、『世界にひとつだけのデジタル資産』でもあるので、希少性を持たせてあげることが大切です。

例えば、「限定100個のみ販売」「期間限定販売」などのように希少性を持たせれば、購入したいと考える人は自然と増えていきます。

同じような作品を量産しても、希少性がなくコピー品のように感じ取られてしまうので注意しましょう。

国内で実績を作っていく

NFTの作品は国内だけでなく世界の人から購入される可能性を秘めていますが、いきなり作品が購入されることはほぼありません。

海外から注目されるためには、「日本国内で実績のある人」という認知が必要になってくるのです。

実際に、NFTの投資家でもあるイケハヤさんは以下のように答えていました。

ぼくはドメスティックな人間なので、一足飛びで海外にリーチできるような人脈は持ってませんでした。 だとしたら、まずは海外コレクターが注目してくれるような実績を、日本市場で作ることが先ですよね。

引用元:twitter

「国内実績を作ったからこそ、海外コレクターに注目されるようになった」とツイートしています。

海外に目を向けるのもいいですが、まずは国内から注目される存在になっていくことが大切ですね。

コレクション性が高いものを作る

NFTの作品を作るのであれば、コレクション性が高いものを作っていきましょう。

NFTアートや画像を集める人の中には、コレクターとして活動している人も少なくありません。

コレクターはコレクション性の高い作品を集めるのが好きなので、できる限り関連性のある作品を作ることが大切です。

トレンドを抑える

トレンド(流行り)を抑えて、NFTの作品を作るという手法も有効的です。

トレンドに合わせて作ったNFTであれば、注目されやすくなるので購入もされやすくなります。

ただし、トレンドが過ぎ去ってしまうと価値が下がる可能性もあるので注意しましょう。

コンセプトを作り込む

これからNFTの作品を生み出していく予定なら、コンセプトを作り込んでおきましょう。

コンセプトに沿って世界観を演出していけば、SNS上などで注目されやすくなり、購入がされやすくなります。

逆に、コンセプトのないNFT作品には価値を感じてくれず、「まったく売れない」という結果になりかねないので注意しましょう。

マーケティングを意識する

NFTで収益を上げていきたいのであれば、マーケティングを意識していくことが最も重要です。

マーケティングとは、いわば『市場調査』であり、NFTアートを売るためには必要な作業です。

例えば、マーケティングを意識するのであれば、最低限以下のことを意識していかなくてはいけません。

  • 今売れているNFTの特徴は何か
  • 価格帯はどれぐらいか
  • どんな人に自分のNFTを買ってもらいたいか
  • コンセプトはしっかりしているか
  • 誰に向けて宣伝をしていくか

上記のように、まずは事前の調査が大切です。

販売する前に、まずはマーケティングをしっかりと行っていき、『売れるNFT』を見つけていくようにしましょう。

NFTを始める際によく出る質問

NFTを始める際によく出る質問

この章では、NFTを始める際によく出る質問にお答えしていきます。

NFTをこれから始めようと思っているのでしたら、ぜひ参考にしてみてください。

Q1. NFTを勉強するのにおすすめの本などはありますか?

もし本でNFTを学びたいのであれば、以下にまとめた本がおすすめです。

  • NFTの教科書
  • NFT 完全初心者への徹底解説
  • だれにでもわかる NFTの解説書
  • 図解ポケット デジタル資産投資 NFTがよくわかる本
  • 【NFT超入門】無料ではじめるNFTの作り方、売り方からマーケティングまで

上記の本であれば、まったくの初心者でもNFTの基礎や始め方などを網羅できます。

関連記事:【最新版】NFTの勉強におすすめ・わかりやすい本5選【初心者向け】

Q2. NFTが注目され始めた理由はなんですか?

NFTが大きく注目され始めたきっかけは、「高額な値段でNFTアートが落札された」というニュースが報じられたのが大きなきっかけと言えるでしょう。

例えば、アメリカのデジタルアーティストBeeple氏によって生み出された「Everydays – The First 5000 Days」は、約75億円で落札されました。

さらに、小学生が出した自由研究NFTが380万円の価値がついたというニュースも、日本で注目を浴び始めたきっかけと言えます。

Q3. NFT取引で必要になる「ガス代」とはなんですか?

ガス代は、いわば取引の際に発生する手数料のようなものです。

以下のように、ブロックチェーンの一種であるイーサリアムチェーンを利用した際にガス代は発生します。

  • イーサリアムを送ったり受け取ったりする時
  • NFTの売買を行う時
  • NFTを送ったり受け取ったりする時
  • NFTを発行する時

ただし、ガス代は仮想通貨の価格が高騰することで料金が高くなります。

NFTの需要が伸び、イーサリアム上での取引数が増えてきているので、ガス代の高騰は避けられないのが現状です。

関連記事:NFTのガス(GAS)代とは?相場やガス代を無料・安くする方法を徹底解説

Q4. NFTに将来性はありますか?

現代において、NFTはジャンルにおいてデジタルアートや画像、音楽などを対象にしたものがほとんどです。

ただ、将来的にはジャンルの拡大が期待されており、さらなる成長性が見込めます。

実際に、NFT事業に参入する企業も増えてきているので、今のうちに参画しておいて損はないと言えるでしょう。

Q5.NFTは無料で受け取ることも可能?

NFTは無料で受け取ることも可能です。

MetaMaskのウォレットアドレスを取引相手に伝えればNFTを簡単に受け取れます。

ただし、闇雲に受け取ってしまうとハッキングされる恐れがあるので注意しましょう。

まとめ

NFTの始め方や出品・購入方法について解説してきましたが、いかがでしたか?

結論、NFTは以下の5つの工程を踏むことで、すぐにでも始められます。

  1. 仮想通貨取引所への登録・口座開設
  2. NFTの出品・購入に必要な暗号資産を購入
  3. 仮想通貨ウォレットに登録
  4. 仮想通貨ウォレットに暗号資産(仮想通貨)を送金する
  5. NFTマーケットプレイスに登録

10分もあれば取引所への登録は簡単にできて、次の日にはNFTの出品・購入ができるようになります。

仮想通貨取引所やウォレット、NFTマーケットプレイスへの登録自体は無料なので、この機会に登録を進めてみてはいかがでしょうか。

RaRuku
仮想通貨取引所選びで悩んだ場合、初心者でも利用しやすいコインチェックを選んでおけば問題ありません。

『コインチェック』は取引手数料が無料なだけでなく、最低取引単位(ETH)が500円相当となっているので、気軽に通貨を購入することが可能です。

10分程度で”無料”口座開設ができるので、忘れないうちに登録を済ませておきましょう。

公式サイト『コインチェック』にて
”無料”口座開設を行う

ぜひ本記事を参考に、すぐにでもNFTを始められることを心から祈っております。