【NFTの受け取り方】Giveaway(エアドロップ)で無料NFTを手に入れよう

【NFTの受け取り方】Giveaway(エアドロップ)で無料NFTを手に入れよう

「NFTの受け取り方は?」「NFTを受け取れるGiveaway(エアドロップ)とは?」などと疑問に思っていませんか?

Twitterなどで「NFTを差し上げます」「Giveawayします」などの言葉をよく見るけど、受け取り方がわからないという方も多いかと思います。

「Giveaway」とはNFTを無料でプレゼントする、という意味です。

ウォレットアドレスを取引相手に伝えればNFTを簡単に受け取れますが、闇雲に受け取るのは危険なので注意しましょう。

本記事では、実際にNFTを無料で獲得してきた私が、Giveawayの意味やNFTの受け取り方を解説していきます。

闇雲にNFTを受け取ってはいけない理由もまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

無料でNFTが受け取れる!Giveway(エアドロップ)とは?

無料でNFTが受け取れる!Giveway(エアドロップ)とは?

「Giveaway(エアドロップ)」とは、いわばNFTの無料プレゼントになります。

NFTを無料配布する理由は、NFTアーティストが「知名度を上げるため」、または「転売でのロイヤリティを得るため」です。

Twitterなどで「#giveaway」や「#NFTGiveaway」などのハッシュタグをつけて検索すれば、世界中のNFTアーティストが企画を開催しています。

例えば、以下のようなイメージです。

Giveawayの参加条件は、主に以下の通り。

  • Twitterのフォロー
  • いいね&ツイートのリツイート
  • ウォレットアドレスを伝える

条件を満たすだけで、NFTを無料で受け取れるチャンスがあります。

受け取ったNFTによっては転売を許可している場合もあるので、お金を稼ぐことも可能です。

次の章では、そんなGiveawayに参加した場合を想定した、NFTの受け取り方を見ていきましょう。

NFTの受け取り方

NFTの受け取り方

NFTを取引相手から受け取りたい場合、以下の流れで手続きを進めていきましょう。

それぞれ画像付きで、わかりやすく解説していきます。

ウォレットの作成・準備

まずは、NFTの受け取りをするためのウォレットの作成・準備を進めていきましょう。

今回は、NFTの取引で最も利用されている「MetaMask」にて解説をしていきます。

MetaMask出典:MetaMask

MetaMaskはNFT関連の通貨を保管するのに適したウォレットで、ほとんどのマーケットで取り扱い可能です。

パソコンとスマホを連動させながらの利用でき、初心者でも扱いやすいという特徴があります。

そのため、事前にMetaMaskの登録をしておき、ウォレットアドレスを取得できる状態にしておきましょう。

RaRuku
メタマスクの登録方法については、以下の記事にてスマホ・パソコン別で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

OpenSeaにてアカウント登録を行う

次に、OpenSeaにてアカウント登録を行なっていきましょう。

NFTのGiveawayをしているアーティストのほとんどは、OpenSeaを利用しています。

公式サイト:OpenSea

OpenSeaを開いたら、右上のアカウントボタンから「Profile」を選択します。

OpenSeaでのアカウント登録方法

次に、仮想通貨ウォレットの選択へと移ります。(今回はMetaMaskを選択)

OpenSeaでのアカウント登録方法

「MetaMask」を選択したら、以下の画面が別ウィンドウで表示されるので、アカウントが正しければ「次へ」をクリックしましょう。

OpenSeaでのアカウント登録方法

次に「接続」をクリックしましょう。

OpenSeaでのアカウント登録方法

接続が完了すると、アカウント登録が完了します。

アカウント登録が完了したら、「Settings」ボタンをクリックしましょう。

OpenSeaでのアカウント登録方法

すると署名を求められるので、「署名」をクリックします。

OpenSeaでのアカウント登録方法

すると、以下のプロフィール設定画面が出てきますので、必要に応じて設定をしておきましょう。

OpenSeaでのアカウント登録方法

【入力・設定内容】

  • Profile image・・・プロフィール画像
  • Profile Banner・・・バナー画像
  • Username・・・名前
  • Bio・・・自分の想いや理念
  • Email Address・・・メールアドレス
  • Social Connections・・・SNSとの連携
そして最後に「Save」をクリックすれば、アカウント登録は完了です。

ウォレットアドレスを取引相手に伝える

次に、ウォレットアドレスを取引相手に伝えましょう。

OpenSeaを開き、アカウント名の下にあるアドレスをタップすれば簡単にコピーできます。(メタマスクを開いても、同様にコピー可能です。)

ウォレットアドレス

ウォレットアドレスのコピーが完了したら、TwitterのDMなどで取引先に直接アドレスを伝えれば、受け取りの準備が完了です。

あとは、取引相手がNFTを送付してくれるのを待ちましょう。

OpenSeaにて受け取ったNFTの確認を行う

最後に、NFTの受け取りが完了したかをOpenSeaにて確認していきましょう。

OpenSeaを開き、「Profile」を開きます。

OpenSeaにて受け取ったNFTの確認を行う

次に「Hidden」をクリックし、NFTの受け取りが完了しているかを確認しましょう。

OpenSeaにて受け取ったNFTの確認を行う

確認ができたら、最後に「Unhide」をクリックすれば、自身のコレクション(Collected)に追加されます。

OpenSeaにて受け取ったNFTの確認を行う

以上で、NFTの受け取りが完了です。

NFTを受け取る際の注意点

NFTを受け取る際の注意点

Twitterなどで開催されているGiveaway企画に参加すれば、NFTを無料で受け取れます。

NFTは転売もできるので、「受け取り数をどんどん増やしてお金を稼ぐぞ!」と考えている人が多いのも事実です。

RaRuku
ただし、無料のものこそ危険がつきもの…。

もし無料でNFTを受け取る際には、以下の点に注意しなくてはいけません。

それぞれ詳しく解説していきます。

差出人不明のNFTにて手を出すとハッキングされる恐れがある

NFTの受け取りを増やしていくと、差出人不明のNFTが送付されている場合がありますが、決して手を出してはいけません。

なぜなら、NFTを通してウォレットにハッキングをされる恐れがあるからです。

実際に、 Twitter上でも「身に覚えのないNFTは絶対に手を出してはいけない」という注意喚起が目立っていました。

一度Unhideすると、ウォレットがハッキングされ資金が抜かれる可能性もあります。

そのため、決して触らないようにしましょう。

身に覚えのないNFTを削除したい場合は、「【NFT】OpenSea、hiddenに届いたスパムNFTの安全な削除方法について」がわかりやすかったので、参考にしてみてください。

触らなければハッキングの心配はありませんが、削除しておいた方が誤って「Unhide」しなくなりますよ。

無闇にウォレットアドレスをSNS上に貼り付けない

無闇にウォレットアドレスをSNS上に貼り付けるのはやめましょう。

SNS上でウォレットアドレスを貼り付ける人も多いですが、先述したようにハッキング用のNFTを送付される可能性が高くなります。

さらに、ウォレットの中身はDeBankなどで誰にでも見れるので、初心者こそ気をつけなくてはいけません。

そのため、DMなどにてウォレットアドレスを送るなどの対策を取りましょう。

受け取ったNFTを勝手に転売してはいけない

受け取ったNFTですが、勝手に転売しないようにしましょう。

なぜなら、NFTアーティストの中には転売を好まない人も多いからです。

例えば、以下のNFTアーティストは「転売を禁止」としっかりと明言していますね。

もちろん中には、「転売OK」としているアーティストもいますが、全員が同じとは限りません。

そのため、もし転売目的でNFTを受け取るのであれば、取引相手に確認を取ってから転売をするようにしましょう。

まとめ

まとめ|【NFTの受け取り方】Giveaway(エアドロップ)で無料NFTを手に入れよう

Giveawayの意味やNFTの受け取り方、闇雲にNFTを受け取ってはいけない理由をまとめていきました。

Twitterなどで開かれているGiveaway企画に参加すれば、無料でNFTを獲得できます。

ただし、受け取る際には以下の点に注意しましょう。

  • 差出人不明のNFTには手を出さない
  • 無闇にウォレットアドレスをSNS上に貼り付けない
  • 受け取ったNFTを勝手に転売してはいけない

もし受け取ったNFTが転売OKなのであれば、そのままOpenSeaで転売を進めるのも1つの手段ですね。

本記事を参考に、安全にNFTの受け取りができることを祈っています。