【世界一わかりやすい】コインチェックNFT(β版)におけるNFTの買い方

【世界一わかりやすい】コインチェックNFT(β版)におけるNFTの買い方

「コインチェック(Coincheck)でNFTを買う方法とは?」「コインチェックNFT(β版)でお得にNFTを購入する方法はある?」などと疑問に思っていませんか?

コインチェックNFT(β版)にてNFTを買うためには、まず仮想通貨取引所でもあるコインチェック(Coincheck)への無料会員登録が必要です。

登録が完了したら、本記事にまとめた手順通りに進めていくことで、初心者でも簡単にNFTを購入できます。

そこで本記事では、実際にNFTを購入した私が、コインチェックNFT(β版)におけるNFTの買い方をわかりやすく解説していきます。

NFTを購入した後の出庫方法や、コインチェックNFT(β版)にて販売されているNFTも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コインチェックNFT(β版)とは?

コインチェックNFT(β版)とは?出典:コインチェックNFT(β版)

※すでにコインチェックNFT(β版)についてご存じの場合は、「2章:コインチェックNFT(β版)の登録方法」へお進みください。

コインチェックNFT(β版)は、ユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができるマーケットプレイスとなります。

2021年3月24日にサービスが開始され、コインチェックの口座を持っていれば誰でも暗号資産とNFTを使ったゲーム内アイテムの売買が可能です。

さらに、出品・購入にかかるガス代(ネットワーク手数料)は無料なので、NFT売買におけるデメリットをなくしています。

NFTについて詳しく知りたい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:【初心者向け】NFTの始め方を完全ガイド!事前準備・出品・購入するまでの流れ

コインチェックNFT(β版)の登録方法

コインチェックNFT(β版)にてNFTを購入する場合、まずは仮想通貨取引所でもあるコインチェック(Coincheck)に登録をしなくてはいけません。

登録が済んでいない場合は、下記から公式サイトへ進み無料会員登録を済ませましょう。

公式サイト『コインチェック』にて
”無料”口座開設を行う

登録方法から入金、仮想通貨の購入までの流れを具体的に知りたい場合は、以下の記事を参考に口座開設を進めてみてください。

すでに会員登録が完了している場合は、アカウントページから「コインチェックNFT(β版)」をクリックします。

コインチェックアカウントページ

すると、コインチェックNFT(β版)のトップ画面へと移るので、購入手続きへと移りましょう。

ただし、webブラウザ、もしくはAndroidアプリからのみアクセスが可能です。iOSアプリは現在、未対応となっているので注意しましょう。

Coincheckアプリ(iOS)は、今後対応を予定しております

コインチェックNFT(β版)におけるNFTの買い方

コインチェックNFT(β版)にてNFTを購入する場合、まずは欲しいNFTを選択しましょう。

タイトルから選択すれば、購入したいNFTが見つけやすいです。

また、ステータスを「出品中」に変更しておけば、今現在買えるNFTのみ閲覧できます。

欲しいNFTを見つけたら、「購入確認」をクリックしましょう。

ウォレットが不足している場合は「購入できません」と表示されるので、事前に欲しいNFTに合わせて暗号資産(仮想通貨)の購入を済ませておきましょう。

【購入に必要な暗号資産(仮想通貨)一覧】

  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコイン(BTC)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • パレットトークン(PLT)

そして、最後に「購入」をクリックすればNFTの購入が完了します。

ちなみに、購入したNFTは返品ができないので注意しましょう。

コインチェックNFT(β版)で購入したNFTを出庫する方法

購入したNFTを利用したい場合は、出庫手続きを行って外部ウォレットに移動する必要があります。

ウォレットとは、NFTや資金を管理・保管するためのもので、外部にNFTを持ち出す際には必要不可欠なツールです。

そのため、まずはウォレットの登録をしましょう。

MetaMaskをインストール

NFTや資金を保管するのに最も代表的なウォレットとして、MetaMaskがあります。

MetaMask出典:MetaMask

MetaMaskはNFT関連の通貨を保管するのに適したウォレットで、ほとんどのNFTマーケットプレイスで取り扱い可能なウォレットとして有名です。

セキュリティ面もしっかりしており、パソコンとスマホを連動させながらの利用もできます。

そのため、事前にMetaMaskの登録をしておき、仮想通貨が送金できる状態にしておきましょう。

RaRuku
メタマスクの登録方法については、以下の記事にてスマホ・パソコン別で解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

MetaMaskと連携

MetaMaskのインストールが完了すれば、「MetaMaskに接続」がアカウントページに表示されます。

そのまま「MetaMaskに接続」をクリック、連携を進めましょう。

MetaMaskのアドレスが表示されれば、連携が完了します。

購入したNFTを出庫する

ウォレットの提携が完了したら、購入したNFTの出庫手続きを進めていきましょう。

マイページより出庫したいNFTを選択します。

出庫したいNFTを選んだら、出庫先(MetaMask)を選択しましょう。

ただし、出庫の際には以下のように手数料がかかるので注意が必要です。

引用元:コインチェック

「手数料区分の適用基準」に基づいて、5段階の手数料区分いずれかの手数料が適用されます。

コインチェックNFT(β版)で購入できるNFTアイテム

この章では、コインチェックNFT(β版)で購入できるNFTアイテムを紹介していきます。

2022年3月時点で取り扱っているアイテムは、以下の通りです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

CryptoSpells

CryptoSpells出典:CryptoSpells

正式名称CryptoSpells
ジャンルトレーディングカードゲーム
使用仮想通貨ETH/SPL/MCH
公式HPhttps://cryptospells.jp/

CryptoSpellsは、日本最大級のNFTゲームとして有名です。

ゲームをプレイすればするほどカードを増やせれるだけでなく、ゲーム上で得たレアカードはマーケットにて売買もできます。

さらに、基本プレイは無料となっているので、NFTゲームをやったことがない初心者にもおすすめです。

The Sandbox

The Sandbox出典:The Sandbox

正式名称The Sandbox
ジャンルシュミレーションゲーム
使用仮想通貨SAND
公式HPhttps://www.sandbox.game/jp/

The Sandboxは、仮想空間「メタバース」内にて遊ぶゲームです。

日本でも有名な『マインクラフト』と似ており、自分オリジナルの建物を建てたりゲームを作成できます。

また、ゲーム内で使えるアイテムはNFT化でき、マーケットプレイスにて出品することも可能です。

2022年3月に誰でも無料で遊べるようになったので、メタバースの世界を体感したい人は試してみてはいかがでしょうか。

Sorare

Sorare出典:Sorare

正式名称Sorare
ジャンルトレーディングカードゲーム
使用仮想通貨ETH
公式HPhttps://sorare.com/

Sorareは、フランス発祥のNFTサッカーゲームです。

各国のクラブチームに実在する選手を5名選び、チームを作成してスコアの高さを競っていきます。

実際の試合で選手が活躍すれば、連動してスコアも伸びるので、サッカー好きにおすすめのNFTゲームですね。

Meebits

Meebits出典:Meebits

正式名称Meebits
ジャンルNFTプロジェクト
使用仮想通貨ETH
公式HPhttps://meebits.larvalabs.com/

Meebits(ミービッツ)は、CryptoPunksやAutoglyphsなどの開発で有名になったLarva Labs社が出すNFTプロジェクトとなります。

CryptoPunksは24×24ピクセルのドット絵(2D画像)なのに対し、Meebitsは3Dのキャラクターなのが特徴的です。

さらに、メタバースの世界にインポートすれば、NFTゲーム内の3Dアバターとして自由に動かせます。

NFTトレカ

出典:コインチェック

正式名称NFTトレカ
ジャンルデジタルトレーディングカード
使用仮想通貨ETH

NFTトレカは、ブロックチェーン上で発行された次世代のデジタルトレーディングカードです。

カードには独自の画像や音声、動画などのデータを付与でき、リアルなデジタルカードにはない新たな価値があります。

また、ブロックチェーンの互換性によって、自身のお気に入りカードを別のゲームで使用することも可能です。

Joyfa

出典:Joyfa

正式名称Joyfa
ジャンルデジタルファッション
使用仮想通貨ETH
公式HPhttps://www.joyfa.io/

Joyfaは、ブロックチェーン上で発行された次世代のデジタルファッションです。

Joyfaによって制作されたデジタルファッションをNFTとして、ブロックチェーン上に発行して販売されています。

スマホから選択するだけで簡単に写真上で着用できるだけでなく、購入したデジタルファッションは外部のマーケットプレイスで転売することも可能です。

まとめ

コインチェック(Coincheck)でNFTを買う方法について解説してきました。

コインチェックNFT(β版)にてNFTを購入する場合、まずは仮想通貨取引所でもあるコインチェック(Coincheck)に登録をしなくてはいけません。

登録が済んでいない場合は、下記から公式サイトへ進み無料会員登録を済ませましょう。

公式サイト『コインチェック』にて
”無料”口座開設を行う

登録方法から入金、仮想通貨の購入までの流れを具体的に知りたい場合は、以下の記事を参考に口座開設を進めてみてください。

登録が完了したら、本記事にまとめた手順通りに進めていくことで、初心者でも簡単にNFTを購入することが可能です。

ぜひ本記事を参考に、コインチェック(Coincheck)で欲しいNFTが買えることを祈っています。